×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンドロイチン

コンドロイチン(すっぽんやふかひれのような高級食材の他、納豆や海草にも多く含まれています)は多くの食品で聞くことができる成分で耳に馴染んできた感じがしますね。サントリーのコンドロイチンはグルコサミン(関節痛を予防・改善できる成分として、多くのメーカーがサプリメントを発売しています)も配合されておりコンドロイチンの効果にプラスαの期待ができます。

コンドロイチンはゼリア製薬や小林製薬、DHCといったメーカーが競って良いサプリを売っているのですから是非試してみましょう。コンドロイチンのサプリはヒアルロン酸+コンドロイチンとかグルコサミン&コンドロイチン(経口薬や点眼薬としても使われています)という組み合わせが殆どですから好みと価格で決めましょう。個人的にはDHCが値段と飲みやすさが気に入っていて好きそうはいっても・・・

気になるコンドロイチン(ムコ多糖類の一種で、体のいたるところに存在しているといわれています)の効能だからと言って、基本的には腰とか関節がキーワードなのでしょう?

腰痛はギックリ腰や、椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)が連想されますね。椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)は、脊髄神経が椎間板に圧迫されて起こる神経痛です。俗にいう”腰痛”は、ヘルニアみたいに腰部の”神経痛”よりも、腰部の”筋肉痛”が原因の痛みが多いのだとか。この場合は運動で発生した大量の乳酸が引き起こす発痛物質をコンドロイチンが吸着し取り除く為、鈍痛が楽になることが分かっているようです。

老化でコンドロイチンの産出・補充が減少し、椎間板のクッション作用が低下してしまうことも腰痛の一因です。そこにコンドロイチンを摂取することで、椎間板の水分が補給されて、クッション(素材によっては、長時間同じ姿勢をとった際の体への負担を軽減してくれることもあるでしょう)機能が復元し鈍痛が緩和されると考えられています。コンドロイチンの構造には、多くの隙間があり、そこに水分を磁石のように呼び寄せる力があるので、コンドロイチン(経口薬や点眼薬としても使われています)は大量の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を保持し、クッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)機能を復元させることが可能なのです。凄いでしょうね・・・

コンドロイチン(関節のクッション的な役割を果たす、細胞組織の保湿性を高める効果があると考えられています)の効果を考えれね日頃から摂取しておくことが大切なのが判ります。とりあえずコンドロイチン配合のサプリ一覧を紹介したいと思いますので参考にしてみて下さい。

>>コンドロイチン配合サプリ一覧をチェック